ショートショートな世界・田丸雅智さん

スポンサードリンク

ショートショートな世界の田丸雅智さんの未来ヘルスケア短編ストーリー第5弾『沢井製薬ミライラボ』で声優で人気の内田雄馬さんが朗読動画で出演されて話題になっていますね!

追記:ショートショートな世界の田丸雅智さんの世界へ声優内田雄馬さん現る!

沢井製薬ミライラボ ショートショート「健康アプリH&G」

健康ポイントをためる青年のお話かと思いきや、かなり真面目なお話で感染症検査をアプリでポイントを溜ながら気軽にできるという画期的ながら興味深いお話です^^

楽しみながら感染症防ぎ、国の予算追加のお話まで盛り込まれているという実に真面目なお話ですが、ニュースのように固くなく受け入れやすいのは『ショートショートな世界』の田丸雅智さんならではだと思いました。

これは流行りそうですね♪

1.田丸雅智プロフィール

1987年12月22日(32歳)

小説家

東京大学大学院工学系研究科卒業

受賞歴・樹立者ショートショートコンテスト【海酒】最優秀賞

【海酒】はピース・又吉直樹主演により短編映画化

15年ショートショート大賞の立ち上げに尽力して、審査員長を務める新世代ショートショートの旗手。


幼い頃の田丸さんは

もともと何かを生みだすこと=クリエイトなことに夢中になる子どもで、小さな頃は工作が好きでした

なかなか出版につながりにくい状況の中商業誌デビューを果たしそこからのご縁により作家と

してデビューされたそうです。

ある作家の方が僕の作品に目をとめて「面白いから単行本にすべき」と出版社に話をつけてくださったんです。驚きましたし嬉しかった。

スポンサードリンク

2.ショートショート?実は皆知っていた?

ショートショートとは短編小説原稿用紙20~60枚より短くきりりとシャープな小説。

短い中に、目を見張るようなアイデアやあっと驚く結末があり、すぐに読めてしまうのに、読後に長く余韻が残るお話、それがショートショート。
なにかと時間がない現代、わずかな時間で非日常の世界を味わえるのが魅力です

短篇小説よりもさらに短く、意外なアイディアに満ちた小説ですが、田丸雅智さんの講座内容

は2020年度から使用される小学校4年生の国語の教科書に採用予定になっているそうです!

小学生の頃の作文を書く、それを人を楽しませる世界の小説に繋げたのがショートショートの

小説なのでしょう。

また田丸雅智さんは、創作体験を通して更生につなげてほしいと、各地の少年院でも講座を開

催しているそうです。

自分の作成したもので誰かが笑顔になってくれるそんな喜びを人は知ったなら。。。

また作品を通して自分という存在を認めてもらうという形と通して与える側もまた笑顔になれ

るという喜びのキッカケになると思います^^

小説を書くなんて考えると普通(ヾノ・∀・`)ムリムリなんてまず思ってしまって書いた事ない人のほ

うが多いですが、ショートショートなら一般の方も自分の表現の一つとして楽しめかもしれま

せんね!

田丸雅智さんの作品はラジオドラマになったり短編映画になったりと、さまざまな形で展開し

ています。

●『海酒』という作品がピース又吉さん主演の短編映画なってカンヌ国際映画祭でプレミア上映

●『夢巻』がラジオドラマ化されてNHK-FMの『青春アドベンチャー』という番組で放送

3.ショートショートな世界をのぞいてみよう

覗いてみてね^^

ebook/japan/ショートショートガーデン

少し覗いたらあらっ?おもしろそう!ってなります(〃艸〃)

【夢巻】田丸雅智(著)、双葉社

久しぶりに再会した古い友人に連れられて入ったのは、とあるシガーバー。店員に渡された葉巻を口にすると、子どもの頃の光景が鮮やかによみがえった。この不思議な葉巻を、友人は「夢巻」というのだが―。(表題作)新世代ショートショートの旗手による大注目デビュー作。幻想的だったり、シュールだったり、ナンセンスだったり。一話5分で楽しめる、夢と驚きに満ちた世界がここに!(表紙裏)

まとめ

なかなか小説をゆっくり読む時間がなくなっていましたがショート・ショート小説を覗き小説

を手軽に楽しめる喜びを思いだしました。

自分とは異なる価値観や文化をもったをもっと気軽に楽しみ、またはショートショートのよう

な短い小説ならば趣味として作成するという楽しさも味わえそうです。

田丸雅智さんのショートショートの世界はこれから人生経験を積み益々面白くなりそうです。

今後のショートショートの世界・田丸雅智さんのご活躍を楽しみにしています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする