1か月健康診査は何をするの?赤ちゃんの成長とママも成長!?

スポンサードリンク

こんにちは。ダメママNatuです。

赤ちゃんは一歳になるまでに、1か月健康診査・3~4か月健康診査・6~7か月健康診査

9~10か月健康診査・1歳健康診査と1歳までは5回健康検査があります。

新米ママにとって初めて1か月健康診査!何をするの?

そんな気持ちで産院へ向かいました。

その後は住んでいる場所の役所から連絡がきて集団検診となります。

目次

  1. 1か月健康診査は何をするの?
  2. 赤ちゃんの成長とママの成長の違い?!産院の先生からの卒業

1.1か月健康診査は何をするの?

一か月健康診査では体重・身長・胸囲・頭囲などを図ります。

母子手帳に沿って先生とママと赤ちゃんで行いました^^

写真のように赤ちゃんの全身を確認してくれます。

母乳で足りているか、大きな音に反応するか、おへそが乾いているかなど母子手帳に書いてありますね。

赤ちゃんの1か月の成長は早く、体重・身長が増え一回り大きくなっていたりしますね^^

特別緊急な病状はともかく、やはり体重増加がこの頃の赤ちゃんの健康バロメーターとなりますよね。

母乳が足りているかどうかは体重増加によって先生からのアドバイスもありますし、ミルクはどのくらい飲んでいるかも聞かれたかと思います。

私の時代でも先生が『大丈夫ですよ。順調ですね』の言葉でママを安心させてくれるような健康診査だったと思います。

その時に黄疸の状態や、先天性股関節脱臼、心臓病など沢山の事を健康診査で全般を先生はみてくれているのでしょう。またママが特別心配している事などがあれば別の病院を紹介してくれる形になります。

産院の先生は産後のママの妊婦さんの心の状態をとても理解していてくれているように思います。

きっとママの状態もお医者さんからの立場で診察してくれているのでしょうね

2.赤ちゃんの成長とママの成長の違い?!産院の先生からの卒業

一回り大きく成長した我が子に私は喜び漫勉の笑顔になります^^

そして最後に先生はおっしゃいました。。。

『問題がないのでこれからは何かありましたら小児科となります』

流産の経験からその後の出産までお世話になっていた産院の先生を信頼していた

育児ブルー中の私は(えっ?これから何かあったらどうしよう!)と心の中でよぎりました(;’∀’)

いえ、普通に小児科にいくのですけどね(* ´艸`)

今考えれば普通なんですよ?そこは産院なのですから。。。

不安一杯になり漫勉の笑顔は消え、不安一杯の顔になったのでしょう。

先生も、『でも何かあったら来ても大丈夫ですよ^^』

とおっしゃってくださいました!

その言葉が心の支えとなり安心して私は産院の扉を開け家へと帰りました。

それが私の産院の先生からの卒業で今も先生の暖かさは心の片隅に残っています^^

赤ちゃんの成長スピードの速さはスゴイ!その速さにママの心がついていくのは大変ですが

赤ちゃんと一緒にママの心の成長も共に歩んでいくのでしょうね((´∀`*))

まとめ

まずは体重が適正に増えていたら一安心です。

むやみに増加していればいいというものではないようで粉ミルクなどによる栄養過剰も注意す

る事なのだそうです。

健康診査は赤ちゃんの健康を守るためにも、ママの心も一緒に赤ちゃんの成長と共に歩むひと

つの目安となります。

1か月健康検診から始まり最初の1年は健康検診も沢山ありますがファイトです!

赤ちゃんと一緒に一つ、一つ、クリアしていきましょう^^

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする