まず持ち物としては、母子健康手帳、問診票、健康保険証ですね

おしめセット・お着替え・ガーゼ・ミルクの赤ちゃんはミルクセット・小さなおもちゃを持っていきました^^

問診票は送られてくる通知に入っています。

問診票は生まれた時の体重や身長、また生活の中での赤ちゃんの様子記入するものです。

会場につき受付後、順番にテーブルをまわり健康診査を受けていくというものです。

ここではあまり専門的な事というよりは極端な事で気になる事がなければ、体重、身長、大きな音に反応するかなどを大まかに検診されたように思います。

現在は体重が多ければ多いほど良いというわけでもなさそうなので、その子なりに適正に増えていれば大丈夫ですよね^^

スポンサードリンク

2.同じ月齢でもこんなに違うの?!

大泣きしている赤ちゃん、ぐずっている赤ちゃん、ご機嫌な赤ちゃん、同じ月齢の沢山赤ちゃんに初めて出会う?事となりますが同じくらいに生まれたのに個性がもう色々ですよね。

大きさから始まって首がしっかりしている赤ちゃんもいたりして、初めてママならうちの子小さ目じゃない?とか頭大きすぎない?とかまぁ。。。今考えれば少しおかしな事を考えます(;’∀’)

というか。。。私の事です(;’∀’)

頭の大きさが気になって気になって(* ´艸`)真顔で先生に質問しました。

先生は、ハイハイという慣れた感じでメジャーでクルリと図り正常範囲です。とサラリと答えられたように思います。いえ、ちょっと笑ってました?!

この頃小児科の先生が検診にきていたのであまりにくだらない?質問を度々小児科に行って聞いていたせいかしばらく行かないと、「どうしてたかと思ったよ~」と覚えてもらえました?(‘◇’)ゞ

乳児湿疹の頃、頭にもクルリと薬を塗られたせいか髪も薄くなってしまったようで心配していましたので頭に気持ちがいっていたのでしょうね^^

3.赤ちゃんにヘアブラシは必要なの?

赤ちゃんによって全部立ち上がっているようなフサフサな髪の毛の子と、あれ?!うちの子こんなに髪の毛薄くて大丈夫?!という赤ちゃんがいると思います^^

薄い赤ちゃんも心配ないです。

大きくなるにつれ髪質は大きく変わります。

少し天然パーマーっぽい赤ちゃんがストレートヘアにもなったりします。

個人的には身内の誰かしらの髪質になるものなのねってDNAスゴイΣ(´∀`;)

引用:ビジョン

初めは価格もお手頃な事もあり丸洗い出来るという事でこんな感じを購入したと思います^^

敏感肌や髪の量が多い、クシに拘りがある!なら様々な赤ちゃん用のクシがありますね。

引用:山羊毛

引用:白豚毛

生まれてすぐなどは我が子は必要なかったような記憶です。

しばらくしてから、あまり髪の量が多くなかったですが絡まった後頭部を優しくほぐすくらいでした。

なかなか髪が伸びず?散髪もしばらくは必要がなかったですね(‘◇’)ゞ

敏感肌など赤ちゃんは経過を追って天然素材のものの購入などを考えれば充分ではないでしょうか?

何故赤ちゃん用ブラシなのかといえば、毛先が丸く地肌に刺激が少ないように作られているからなのです。

なので大人用とは少し使用目的も違いますので赤ちゃん用が一つあれば安心だと思います。

まとめ

我が子が大きめでホッとするママもいる中、我が子が小さめで心配なママ。

検診は大きさを競うものではありませんのでその子なりに適正に増えていればいいようです。

場合によってはミルクを足すように促されるかもしれませんね

初めて同じ月齢の沢山の赤ちゃんに出会いホッとする半面比べてしまって不安になってしまったりもします。

落ち着いたママなどを見ると、自分はちゃんとママやれているのかも不安になったりもします。

ですが皆実は同じように心の中で感じているかもしれません。

焦らず自分の子育てを楽しみましょう。